前へ
次へ

結婚の報告は気合を入れて正装で

最近では、結婚が晩婚化していることもあり、本人同士の合意のみで成り立っていることも増えているようです。
しかし、やはり家族と家族のつながりができるということもあり、お互いの家に報告に行く習慣はまだまだ残っており、場合によっては反対にあうこともあるようです。
そんなリスクをできるだけ下げる方法としては、しっかりとした挨拶をすることが重要になります。
堅苦しいあいさつは時代とともに回避されがちではありますが、これはあいさつされる側の言い分であり、相手への気遣いも含まれているわけです。
あいさつに行く側が自ら選ぶのはどうかと思います。
したがって、結婚のあいさつに行くときには、しっかりとした自分なりの正装をしていくことです。
子供は勝手に育つわけではなく、多かれ少なかれ、様々な困難を乗り越えて大きくなっているのです。
そこに立ち会った人への敬意を示すという気持ちでいれば、どういった態度で臨めばよいかは、おのずと見えてくるものです。

Page Top